メンバー紹介

代表取締役
佐藤 美鈴

介護というと「あぁ〜、介護ね〜」なんだか低く見られる。いつかは必ず「我が事」として直面する介護。その介護が低く見られている現状に憤慨し、それを覆すべく起業しました。
私の大きな夢は、日本の介護ノウハウを世界に広める事。本気の介護職員を育てる事。そして、本気の彼等が、世界の介護のリーダーとして活躍出来るフィールドを作る事です。
「介護の現場」のみならず、他分野のプロジェクトでも「専門職」として活躍する、そんな介護の世界を作っていきたいのです。
介護を本気で考えている方、取り組みたい方、ここに集まれ!みんなで、世界をフィールドに仕事をしましょう!

 

佐藤美鈴
罫線

本部スタッフ 総務担当・介護キャスト
西村 朋恵

私は常々、重度の心身障害がある方たちも、安心して生活ができる社会になって欲しいと考えていました。佐藤社長とご縁があり、社長の考えや介護の大切さに共感し、ぶらんちで働く事になりました。
ぶらんちでは、毎日がドキドキやワクワクがいっぱい!不安もあるけれど、やりがいや楽しさもたくさんあります。
家族にも内緒なんだけれど、京都に忍者の修行に行くことを計画中!障害者も高齢者も少しでも過ごしやすい社会の実現にむかって、頑張ります!

 

佐藤美鈴
罫線

介護キャスト・ サービス提供責任者
西塚 しげみ

年齢を重ね、どんどん穏やかな性格になってきたと思います。好きな言葉は「マイペース」 あせらず、いらつかず、ゆったりとしたペースで生活ができたら幸せです。介護の仕事をしていて、常々願うことは、地域の人々・子供達・お年寄りが協力しあい、コミュニケーションをとれる環境が、当たり前に存在する世の中になる事です。遠い将来の夢としては、子どもや孫に囲まれて、空気のきれいな所で過ごしたいです。

西塚しげみ
罫線

介護ステーションぶらんち 管理者・サービス提供責任者
佐藤 天

自分のペースでゆったりと生きていきたい。忙しく慌ただしい日々も、悠々閑々としていれば、焦らずに、嫌なことも素早く切り替えて忘れることもできます。
大好きな読書は、集中力を発揮して短時間で読破します。これからもジャンルにとらわれず色々な本を読んで、知識を蓄えていきたいです。自分自身と自分の仕事に、誇りを持って生きていけるよう、元気ハツラツで頑張っています。

佐藤天
罫線

介護キャスト
小室 輝美

新宿生まれの江戸っ子気質。情にもろく、笑い上戸のお世話好き。孫には「うざいばぁば」と言われる事も。そんな私の好きな言葉は「一期一会」。出逢えたご縁を大切に、そして、出逢えた全ての方を、温かい気持ちにして差し上げられたら、とても幸せです。
今の楽しみは、東京五輪。もう一度見れるなんて感激です!大きな声で応援する準備は万端!豪華客船でのクルーズを夢見る、江戸っ子ヘルパーです。

小室輝美
罫線

介護キャスト・サービス提供責任者
上野 裕史

初めて介護の仕事に就いたばかりの新米です。身体介護が上手に出来ない事もあったり、不安に思うこともしばしば、、、。でも、利用者様から「ありがとう」と声をかけていただき、皆さんのお陰で頑張れていると、日々感謝しています。
休みの日は、趣味のサイクリング。ちょっと遠出して、のんびりした気持ちで風に吹かれて、リフレッシュしています。僕は介護の仕事に向いているとよく言われます。それを現実にするためにも、これからも努力を続けていきます。

上野裕史
罫線

介護キャスト・サービス提供責任者
平塚 聖

以前は料理人だった私が、一念発起して介護の世界に飛び込みました。介護老人保健施設にいた時には、医療を必要としている方、リハビリに励む方、一生懸命生きている方々を見てきました。そんな経験から、私の将来の夢は介護の世界で独立すること。今は、多くの利用者様と色々な経験を重ねていきたいと思っています。
たまの息抜きは商店街巡り。新しい物や面白い物との出会いを楽しんでいます。

平塚聖
罫線

本部スタッフ 採用・井戸端カフェ事務局担当・介護キャスト
篠崎 道子

私の思う「ぶらんち」の大きな魅力は、出張カルチャーサービスです。従来の「補う介護」にとどまらず、積極的に楽しむことを推奨する「人生を充実させるサービス」です。また「井戸端カフェ」では、利用者様の普段と違う笑顔に出会える楽しい時間。おしゃべりを楽しむアンチエイジングは、本来の介護の大切さを思い起こさせるとともに、介護の奥の深さを感じています。
多趣味な私は、旅行・写真・観劇・ファッション等々を楽しむ時間も大切にしています。いつか海外に移住できたら、、、そんな夢を持ちながら頑張っています。

篠崎道子
罫線

介護キャスト
和田 敏和

ボランティア活動で知り合った人達のお役に立ちたいという思いから、初任者研修と実務者研修の資格を取得したことで、介護を職業にしてみようという気持ちになりました。
ぶらんちは、代表をはじめとしてフレンドリーな人達の集まりだと思います。
将来は、30年以上にわたるボランティア活動の延長線上に今があるので、将来もこの延長上にあるはず。
今、自分は、障害のある子供達の支援を多く受け持っていますが、バスに乗車中、ご高齢の婦人が、私と手を繋いで立っているお子さんに席を譲ってくださった時、日本は温かいな〜と自分の心がほっこりとし、嬉しかった。
趣味は、沢山あります…
引き出しの多さは自慢です。

和田 敏和
罫線

介護キャスト・サービス提供責任者
崎 紀子

お節介な私が、誰かの手助けができたら嬉しいな〜と想い、介護の仕事を選び、
かれこれ10年以上になります。
ぶらんちは、スタッフの連帯感があり、サポートしてくれる会社。
将来は、ご利用者様同士が、各々の出来ることで、支え合うような場所、居場所創りにかかわれたらいいな〜と思っています。
私は、人の笑顔が大好き!
どうしたら笑ってくれるか、日々考えています。
自分のネタで笑ってくださった時、幸せ〜を感じます。
趣味は、登山。相棒の旦那様も多忙でなかなか行けないのが残念です。

崎 紀子
罫線

介護キャスト・サービス提供責任者
木村 友里恵

母親が病気で倒れたのがきっかけで興味を持ち、
自分は、実際にやってみないと身につかないタイプだからこの仕事を選びました。
ぶらんちは、皆さん仲が良く分からないことも気軽に聴くことができる雰囲気。新しい取り組みにも自ら言えば挑戦することができるところです。
将来は、まだ模索中。ただ、資格を取ることで自分の力が身につき自信にも繋がるのでぜひ、
いろいろな資格にチャレンジしていきたいです。
また、障害のお仕事をもっと深くやってみたいと思っています。
最近、利用者様から話かけていただくことが増え、
あ〜距離が縮まったな〜と実感する場面が増え、嬉しいです。
趣味は、声優やアニメが好きで、イベントに行くこと。

木村 友里恵
罫線

介護キャスト・サービス提供責任者
宮澤 真弓

私がなぜ介護の仕事を選んだかというと、
これから最も活気がある分野で求心力があると考えたから。
「ぶらんち」という会社は軸がズレていない会社。
相談事や緊急時も即座に方向性がつくので、初心者の私は迷いがありません。
訪問介護では肉体的にも天候的にも大変な仕事ですが、
それを上回る高い諸々なスキルが身につけられる気がしています。
将来は自分自身がイギリス好きということもあり、
イギリスで訪問介護のようなものが出来たらうれしいなっと思っています。
日々の疲れは大好きなガーデニングと、愛猫との触れ合いでふっ飛ばしています。

罫線

介護ステーションぶらんち新富 管理者・サービス提供責任者
宮里 一騎

人と関わるのが好き+自分の持っている物(資格など)を活かす
=介護職
と思いこの仕事に就こうと思いました。
「ぶらんち」という会社は高齢者の方だけでなく、
移動支援、同行援護、障害児、障害者・・・と多種多様な利用者様と関わる、
色々なケースを体験できる会社です。
将来は介護職が楽しい!と自分は思っているので、
その楽しさをたくさんの人に知ってもらいたい。
世の中の介護職のイメージ=汚い、大変などありますが、
少しでも介護職を楽しんでもらいたい。
また、利用者様に対して、人としての思いやりを持って関わっていけるような、
そんな空気、雰囲気のある環境を作り、これから仲間をサポートしていきたいと思っています。
趣味は、スポーツ、ゲーム、アニメ、音楽。

罫線

介護キャスト
南 愛歩未

学生の頃、介護の仕事に興味を持ち、
独学で学習していました。
一旦、学校を卒業し、介護とは違う業界へ就職。
社会に出て仕事をしていくうちに、
「人の役にたつ仕事がしたい」という想いが強くなり、
介護の仕事はその想いに1番近いと考え選びました。

ぶらんちという会社は、全く経験のない私に優しく、
時に厳しく教えて下さり、介護のノウハウを身につけることが出来る会社。

未来は、もっと色んな人の役に立てるようなカウンセラーになりたいと思っています。

趣味は写真撮影。主に景色の写真を撮るのが好き。
また、古本屋に行って小説などを読むのも好き。

最近、利用者様が「ありがとう」と言って下さることが増え、とっても嬉しいです。

罫線

本部スタッフ(労務・人事担当)・介護キャスト
三森 陽子

私がなぜ介護の仕事を選んだかというと、
父が癌で病院から在宅に切り替えた時、
訪問介護の重要性を知ったからです。
コロナで転職活動をする中で「ぶらんち」に出会い、介護の仕事を選びました。

ぶらんちは、優しく仕事熱心で真面目で、ひょうきんなスタッフが多い会社。
社風が自由で刺激的なところが面白いです。

私の未来はまわりの人達が「自分らしく生きること」に微力ながら努めている自分であること。

趣味は料理。創作料理を考えるのが好きで、コンテストに応募したりしています。

罫線

介護キャスト
ドラえもんパパ(40代男性)

母が介護施設に入所したこともあり、
介護の世界で貢献したいと、介護の仕事を選びました。

「ぶらんち」という会社は、とてもフランクな雰囲気の会社。

自分の未来は、まだまだ未知数ですが、
介護福祉士の資格は取得したいと思っています。

休日は合気道と映画鑑賞をして過ごしています。

最近うれしかったことは、移動支援で悪態をついていた男の子が、あいさつをちゃんとしてくれるようになったこと。
また、お別れする時、照れながら手を振り返してくれるようになったことです。

 
罫線

介護キャスト
木田 晴久

介護職に対して自分のペース•自分の器量を活かしながら仕事が出来るかもしれない、そう思ったら足を踏み入れていました。
ぶらんち自体は他の方も仰ってる通り和気藹々、時に騒がしい時も…でもそれがアットホームである事の証拠です。
代表が慈母に敗子有りと言わんばかりに会社を纏めてくれています。

歳を取ったらゆったりした生活を送りたい。趣味は甘味•カフェ•激辛めぐり、寝ずにゲームアニメ、アウトドア全般、旅。インドア&アウトドア両刀。
最近動物に懐かれるようになった(?)みたいで"撫でてアピール"されるとたまりません。

罫線

介護ステーションぶらんち新富 サービス提供責任者
稲垣 有衣子

私は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)という言葉を知った時、介護という仕事に興味を持ちました。

どんな状況の人にも一定の生活の質を保つ権利があるし、その手助けが出来る仕事はとても魅力的だと思います。

「ぶらんち」という会社はとても風通しがよく、活気のある会社。みなさん優しく、楽しい人ばかり。

今後はもっと医療的な勉強をしたいです。
プライベートの今後は、フットワークを軽くし興味があることにはどんどん挑戦していきたいです。

趣味は読書、お菓子作り、サバゲー、ボドゲ、TRPG等広く浅く、やたら趣味は多い方。

最近うれしかったことは、利用者様に「待っていた」と言ってもらえること。私が来るのを楽しみしてくれる人がいる!って、すごくうれしい。。。

罫線

介護キャスト
佐藤 亘

介護という仕事をはじめたのは、
転職活動をしている時、中高の仲のいい同級生の言葉が背中を押してくれました。

当時は不況で仕事がなかなかない状況で、「介護なら求人があるし、お前に合っている気がする」と…

あれから9年。令和4年1月で10年をむかえます。

「ぶらんち」という会社は、みんないい人で人間関係構築は良好に築けるところだと思います。
何かあれば共助のスタンスがあり助かっています。
介護以外でも利用者様と共に何かイベントを組み、色々なユニークな取組があります。

今後の未来は、40手前ですが、到達した時これまでしてきたことが、これでよかったなぁ〜と悔いのない様にしたい。
50代、60代になっても同様ですが…
だから毎日を大切に日々を学び、成長の機会を大切にしたい。

趣味はドライブ、音楽鑑賞、神社仏閣廻り。
休みの日は海岸沿のお気に入りのコースを運転して癒されています。

うれしいことは利用者様と良好な関係構築が出来て、表情が良くなり元気になられた姿を見られたこと。